50's HBT ベイカーパンツ
57a04a96a458c0192f0003a2 57a04a96a458c0192f0003a2 57a04a96a458c0192f0003a2 57a04a96a458c0192f0003a2 57a04a96a458c0192f0003a2 57a04a96a458c0192f0003a2 57a04a96a458c0192f0003a2 57a04a96a458c0192f0003a2 57a04a96a458c0192f0003a2 57a04a96a458c0192f0003a2 57a04a96a458c0192f0003a2 57a04a96a458c0192f0003a2 57a04a96a458c0192f0003a2

50's HBT ベイカーパンツ

¥12,960 税込

送料についてはこちら

SOLD OUT

50's頃と思われるHBT ベイカーパンツです。 コットンサテンへ生地変更される前のヘリンボーンツウィルを使用し、今現在もアメリカ軍で採用されているユーテリティパンツの元ネタになった一本。 生地の質感・色はまだまだ残っており、これからの経年変化を楽しんでもらえるパンツです。 ボタンは全て尿素ボタンで雰囲気が非常に良い一本です。 HBT...Herring Born Twill の略でHerringBornとニシンの骨を意味し、模様がニシンの骨に似ているところから名付けられました。 HBTの定義は決まっており、タテ糸がヨコ糸の上を2本もしくは3本、ヨコ糸の下を1本、交差させて作られる生地です。 だいぶ複雑ですが、この織り方によりタフな生地ができあがります。 そのHBTを使用したベイカーパンツ ベイカーパンツの由来は諸説ありますが、BAKER(パン職人)が履いていたから、その名前がついたと言われています。 また、ベイカーパンツは別名Fatigue(ファティーグ) 雑役を指す言葉通り、フィールドではなく内部の仕事をする時に穿いていたと言われています。 戦闘用のユニフォームと違い、いたってシンプルで綺麗に穿いて頂けるパンツです。 右ポケットいにリペア後、右の内腿部分に小さい穴があります。 身長178cm・体重62kg 普段Levi's 501 30インチを着用しています。 ウェスト周りがややきつく感じました。 平置き採寸 ◆ウェストのみ全周表記しています。 [ウェスト・ワタリ・膝幅・すそ幅・股上・股下] 74cm・30cm・27cm・22cm・34cm・77cm] {採寸方法} ウェスト: 軽く張ったウェストの直線の2倍 ワタリ: 股下10cm部分を直線 膝幅: 股下から裾までの中間部分を直線 すそ幅: すそ幅を直線 股上: 股下のステッチが交差する部分からフロントトップまで 股下: 股下のステッチが交差する部分から裾まで サイズ計測の詳細はhttp://digupper.exblog.jp/27749913/ よりご覧ください。 この商品はUSED(古着)になります。 画像をご確認の上ご検討お願いいたします。 お使いのモニターにより、色の変化がある場合がございます。 その他ご不明点・ご質問ございましたら、お気軽にお問い合わせください。